2007年08月24日

0930.JP 人工毛髪を自分の髪の毛に結ぶ「増毛」

髪の毛が薄くて悩んでいる方は、男女を問わずたくさんおられます。まずは育毛を試されるでしょう。育毛で自分の髪の毛を育て増やすことができればベストですから。しかし、思うように毛の量が増えなかったら、増毛という手段が残っています。また、育毛が成功するまでのつなぎに、増毛を利用することもできます。

人工毛髪をくっつけ、髪の量を増やそうというのが「増毛」です。増毛の技術は最近、特に進歩しました。気軽に短時間で行えますから、とっつきやすい方法です。


増毛とは?


増毛とは、1本の自毛に複数本の人工毛髪を結びつけたり、数十本単位の人工毛髪を透明な糸で自毛に結んだりする技術です。1本の髪の毛が数本あるいはそれ以上になるわけですから、髪の毛は一気に数倍、数十倍に増えたように見えます。


増毛と進め方


増毛の技術を使えば、一気に薄毛を隠すことができます。気になる箇所をそうしたいところですが、それでは周囲の方にバレてしいますから、徐々に増毛していく方が多いようです。

増毛後のケア


カツラよりもはるかに自然ですが、その分手入れには手間がかかります。自分の髪の毛が伸びると人工毛髪との接着面が頭皮から浮いてしまうので、それを修正する必要があるのです。

増毛の費用


増毛の費用は業者によりますが、地毛1本に結びつける人工毛髪の単価は30〜60円くらいです。1本50円として1000本の増毛で5万円ですね。1本の地毛に5本の人工毛髪を結びつけたとして、1000本増毛で5000本増えます。これだけ増毛すると、見た目の印象も違ってみえるようになります。

その他の増毛法


髪の毛の薄い部分に振りかけてボリューム感を出す増毛スプレーがあります。一過性のものですが、結構、ボリューム感が出せます。最近では、多孔性の超薄特殊素材を用いて髪の毛のないところに増毛する技術が確立されるなど、増毛とかつらの中間にあたる商品も、増毛の分野から登場しています。


posted by りんご at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。